ブログトップ

ALRIGHT

lifeishard.exblog.jp

G.W. of 2010

 ロゴ画像、

 変えた。


 太陽。


 去年のGWに撮った。


 今年のGWは、

 家でゆっくりしよう、

 そう思ってる。



 理由は、

 節約。


 楽しみは、

 夏にとっておこうと、

 とりあえず決めた。


 やはり、

 サマソニに行きたいから。



 まあ、まったく出かけない、

 なんてことはないだろう。


 でも、

 無駄な出費がないようにして、

 夏に備えよう。



 そうだな。

 好きなハンバーガーくらいは、

 食べに行くかな。

 ぶらぶら散歩しながら、

 音楽聴きながら、

 本でも読みながら。


 ゆっくりまったり5日間。


 のんびり三昧ってのも、

 贅沢かも。



 I'm alright and still alive.
[PR]
# by f--kforever | 2010-04-26 23:04 | Life

むくむくと

 ぼんやりしてた。

 というか、

 昼寝が気持ちよかった日曜日。


 でも、

 確実に、

 静かに、

 沸き立ってる。


 サマソニに行きたいという思い。



 思えば昨年は、

 仕事の都合で行けなかった...。

 一昨年は、

 行けはしたが、

 一日のみの参戦。

 今年も参戦するなら土曜日のみになる。


 長崎という、

 日本の西の辺境に住んでいるので、

 サマソニ参戦は、

 一大イベントである。

 しかも、一日のみだと、

 かなり迷う。


 まず、

 東京、大阪、

 どちらに行くかということ。


 予算もある。


 が、

 何より、

 ラインナップ!


 土曜日のみだと、

 今年は、

 大阪なら

 先日リリースされたアルバムで、

 さすが!!!

 と唸っちまった

 スラッシュ

 復活したHOLE、

 シガーロスのJONSI、

 マイケルジャクソンの最後のギタリスト、

 ORIANTHI、

 国内組では、

 サカナクション。

 このあたりがお目当て。


 東京なら、

 オフスプ、

 バンクーバーオリンピックの閉会式にも出た

 NICKEL BACK、

 新しいアルバムがめちゃかっこよかった

 30 Seconds To Mars、

 タワレコの視聴機で聴いて衝動買いした

 Yes Giantess、

 国内では、

 超絶ラウドロックな

 FACT、

 そして、

 なんといっても、

 愛してやまない

 スマパン!!!


 要するに、

 スラッシュか、

 スマパンかというところが、

 悩みどころ。



 ところで、

 フジロックは、

 とてもいけないから毎年あきらめている。

 けれども、

 サマソニの場合、

 田舎から行っても、

 結構気軽に行けるところがいいと思ってる。

 それでも、先にも述べたが、

 地元で行われるライブやフェスと比べると、

 かなりハードルが高いのも事実。

 ただ、

 海外のアーティストを見る機会なんて、

 この街では皆無。


 洋楽を生で聴くこと、

 そして、

 巨大フェスの雰囲気に呑まれること、

 どちらも、

 すげえ楽しいことなんだ。



 2007年は、マニックスに涙し、

 2008年は、JUSTICEで踊り狂った。


 ああ、

 悩みはつきないねぇ。


 というわけで、

 むくむくと頭の中でふくらんでる

 サマソニ2010参戦計画、

 このネタは、

 たぶん、

 もうしばらくつづく。



 I'm alright and still alive with good music !
[PR]
# by f--kforever | 2010-04-25 22:43 | Rock

柄にもなく

 管弦楽なんぞ聴いてる。


 バッハの

 "ブランデンブルグ協奏曲 第1番"


 ちなみに昼間は、

 ロックなCDばかり聴いてた。



 基本、ロックなものしか聴かない。

 だから、

 こういう、いわゆるクラシックな音楽は、

 さっぱりだ。


 ただ、

 気持ちいい、

 というか、

 すぅっと入ってくる、

 そんな感じ。



 ところで、

 なんでこんなの聴いてるのか?


 それは、

 今月になってからだが、

 クラシックな音楽も聴いてみようと

 勝手に決めたから。


 もう少しくわしく言うと、

 楽器の音色や重なり合って生まれる響き、楽曲の構成など、

 ロックな音楽では味わえないものがありそうだ、

 それはそれでおもしろそうだ、

 最近、そう思うようになったから。


 ロックなCDで欲しいのがたくさんある。

 だから、

 クラシックなのは、

 図書館で借りてる。


 この前は、

 ドビュッシーのCD借りた。

 で、

 今回は、バッハ。



 かようなわけで、

 この曲の何がすばらしいとか、

 この演奏の何がすごいとか、

 語ることは、

 まったくできない。


 ただ、

 なんだか、

 この曲は聴いてて、

 頭がやわらかくなるよう、

 ふわっとした感じになるなぁ。


 そして、

 ときどきは、

 こういうのもいいなぁ、

 そう思ってるところ。



 I'm alright and still alive with good music.
[PR]
# by f--kforever | 2010-04-25 01:04 | Life

CREATURES PARADE

a0151229_2092586.jpg



 4日ぶりに、夕飯を作っていただいた。

 といっても、節約焼きそばであるが...。


 仕事が遅くなって

 作る気力なく、

 弁当になったり、

 仕事がらみの

 飲み会だったり。

 なんか、今週も

 面倒なことが多かった...。


 ただ、木曜日の夜は別!


 ライブ参戦だった!!


 ストレイテナーの

 "CREATURE PARADE TOUR"!!!


a0151229_2015160.jpg



 今回は、新しいアルバム、

 "CREATURES"

 を引っさげてのツアー。



 新しいアルバムからの曲を中心に、

 アガル曲からしっとりした曲まで、

 テナーらしい曲が満載。


 中でも、

 アルバム"Dear Deadman"の1曲目、

 "The Novemberist"は、

 後半の盛り上がりがすさまじく、

 ただでさえ好きなのに、

 更にかっこよくて

 たまらなく興奮した。


 それから、

 ホリエアツシと

 前作"NEXAS"から加入したギターの大山さんとの共作曲、

 "DONKEY BOOGIE DODO"、

 そして、タイトルがちょっとおもしろい

 "クラムボン・インザエアー"は、

 ベースの日向さん(尊敬!!!)が、

「テナーは、ファンキーなのもやれるんやな。」

 と、茶化してたとおり、

 これまでのテナーにないファンキーな曲で、

 実にかっこよかった!!!



 ところで、

 テナーのライブは、これが二度目。

 はじめてステージを観たのは、

 去年の地元長崎の夏フェス"スカイジャンボリー09"のとき。


 このとき、

 ベースの日向さんに

 惚れた。


 テナーは、地元長崎出身の

 ホリエアツシとナカヤマシンペイの

 二人からはじまったバンド。


 その後、日向さんが加入、

 昨年、大山さんが加入して今の編成になった。


 新しいメンバーとともに、

 その音楽世界を広げているテナーは、

 地元出身という親近感に加えて、

 これからどのような進化を遂げていくのか、

 とても楽しみだ。



 アンコールでは、

 "TRAIN"、"MELODIC STORM"で、

 コワレタ、コワレタ!!


 最高な気分の中、

 ライブハウスを後にした。

 汗まみれの体に夜風が冷たかった。

 けれども、

 メンバーの地元ってのもあってか、

 フレンドリーな会場の雰囲気と、

 アツく、そして、緻密に練り込まれた

 現在進行形のテナーの音が

 全身に突き刺さった余韻に包まれて、

 心はほっかほっかあったまってた。



 I'm alright and still alive with Rock'n'Roll !!!
[PR]
# by f--kforever | 2010-04-24 21:59 | Rock

再び

 再び出会えるというのは、

 どんなもんだろう?


「再び出会う。」

 といえば、

 二つのことが頭に浮かぶ。



 まずは、

 以前の勤務場所の上司と、

 今の職場で、

 再び出会った。


 正直、

 先行き不安。


 病んだときの

 上司であること、


 そして、


 再び世話になっていても、

 相変わらずだということ。


 不安の種は、こんなところ。


 だが、

 相手に期待してもしょうがないから、

 俺が変わるようにしないといけない。


 不安に思うより、

 乗り越える術を考えよう。



 次に、再び出会ったもの。


 ジミヘン!!


 アルバム"Valleys Of Neptune"で、

 再び彼のギターに出会う。


 アツイよ。

 まだ、数回しか聴いていないけど、

 ジミヘン狂ってほどじゃないけど、

 やっぱかっこいいなぁって思う。


 "Red House"

 最高のブルースナンバー。


 表題曲"Valleys Of Neptune"

 軽く流していそうで、

 かっちり決めるところは決めてる。


 大好きな"Fire" "Stone Free"、

 これまで聴いたのとは別バージョンだが、

 興奮してしまうわ。



 再会ってのは、

 結局、

 いいのもありゃ、

 そうでもないのもある。


 ただ、

 少なくとも、

 前とは、

 まったく同じでないということ。


 新しい、

 ヤなこともあるだろうが、

 新しい、

 喜びや発見、ついでにいうと、

 進歩もあるかもしれん。


 まあ、頑張ろう、

 ジミヘンの

 ギターの音色に

 酔いしれながらね。



 I'm alright and still alive.
 
[PR]
# by f--kforever | 2010-04-21 01:23 | Life