ブログトップ

ALRIGHT

lifeishard.exblog.jp

カテゴリ:Life( 95 )

たなだなのだ

 連休後の土日。

 よくありがちな感じの土日。

 バンドの練習や食料買い込みや、

 布団干したり、洗濯したり。

 そんなわけで、ねたもないので、

 連休の話を。


 長崎県波佐見町の陶器まつりに出かけたついでに、

 棚田を見学した。

 同じ波佐見町にある

 鬼木棚田。

a0151229_2375133.jpg


 日本の棚田100選にも選ばれたらしいこの棚田、

 陶器まつりの会場から5分ほど山間に車を走らせたところ。


 棚田の中心あたりに立派な石垣のお家があった。

a0151229_2395752.jpg


 そのお家の横に上へ上る道があったので、

 上ってみる。

a0151229_23155548.jpg


 段々と、田んぼが並んでいる。

 棚田だから当たり前だが...。


 視点を下にすると、

 さっきのお家の裏では、耕耘機の準備。


a0151229_23111952.jpg


 田植えに向けて田おこしなどするんだろうな。


 季節季節に応じた仕事をこなすことで、

 おいしいお米もできるし、美しい風景も守られている。

 当たり前なことをこつこつと続けることのすばらしさ、

 尊敬する。


 田んぼの脇にはアザミの花

a0151229_23192674.jpg



 ここでは、稲作だけでなくお茶の葉の栽培もしていた。

a0151229_23211555.jpg


 新芽の若々しい緑がまぶしい。



 ところで、

 昨日、"食料自給率の「なぜ?」~どうして低いといけないのか~"

 という、農水省の方が執筆された本を図書館で借りた。

 本当は、よく訪問するブロガーさんが紹介していた

 "日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食糧自給率"

 という本を借りたかった。

 けれども、人気な本で、予約もつまっていた。

 仕方がないので、この本のアマゾンでのレビューで、

 内容的に対極にあるような本として紹介されていた方から

 読んでみることにしたわけだ。


 まだ、はじめの方しか読んでいないが、

 その中に田畑のもつ保水機能をはじめ、

 作物の収穫以外に我々の生活環境に及ぼす有効性、

 また、棚田については、景観の美しさなども加えて

 そのよさを論じていた。

 言っていることはよくわかるが、

 だから日本のお米をもっとどんどん食べましょう的な話に

 もっていくところが短絡的だなぁと感じた。


 結局のところ、

 長いスパンで見たとき、

 たとえば50年後に、食糧自給率に大きくかかわる農業が

 どのような姿であるべきかというビジョンを

 はっきりもちもせず、場当たり的なことで

 しのぎ続けているこの国の方向性のなさこそが重大な問題で、

 とりあえず、

 お米は日本人の健康的な食生活にあっているからとか、

 棚田は美しい風景だからみんなでお米を食べて守りましょう、

 的なアピールじゃ、根本的な問題の解決はできんだろうと思った。


 まあ、この問題については、

 今読んでいる本、そして、読みたい本を読んで考えるとして、

 いずれにせよ、

 この棚田がもつ景観の美しさは変わらない。
 
a0151229_23403213.jpg




 今は、田に水もはっていないし、田植えもまだだ。

 でも、

 そのころの様子を想像すると、

 もっともっとすてきな風景が見えてくる。


 なので、

 また時期をおいて見に行こうと思っている。


 美しい日本の棚田、万歳。



 I'm alright and still alive.
[PR]
by f--kforever | 2010-05-09 23:47 | Life

あと数時間

 あと数時間たつと、

 仕事がはじまる。


 連休終わったな。


 寂しいような、

 うれしいような。



 この連休、

 陶器を買いに行った以外、

 普通の休日だった。


 そうはいっても、

 うつを煩ってからというもの、

 体力も落ちている。


 半分生き生き、

 半分死んでる、

 ってくらいが、

 今の俺には、

 普通。


 なので、

 まあ、いい感じの

 連休だったのだろう。



 ところで、

 前回のブログでも紹介したが、

 長崎県の波佐見町の陶器まつりに行った。


 そこで見つけて買ったのがこれ。

a0151229_1355119.jpg



 ちょっと分かりにくいが、

 グレーの地に、

 桜のピンクがきれいなのだ。


 グレーとピンクっていう組み合わせが、

 かなり好き。


 それから、

a0151229_1384936.jpg



 持ち手のところ、

 花びらの形がくり抜いてある。

 なんか、おもろい。


 おかんへの母の日のプレゼントとして購入したのに、

 個人的な好みじゃん。


 おかん、よろこんでくれるといいが...。



 連休明けて、

 二日働いたら、また土日。

 日曜日は母の日。


 仕事がんばりながら、

 家でぼーっとしながら、

 おかんへのプレゼント、

 ラッピングしておこう。



 I'm alright and still alive.  
[PR]
by f--kforever | 2010-05-06 01:45 | Life

はさみにいこう

 先週、

 久しぶりに発熱。


 水曜の夜から土曜まで、

 働いてる時間以外は、

 ほぼ寝てた。


 ようやく大丈夫になったので、

 今日は外出した。


 ここ。

a0151229_23465541.jpg


 九州で焼き物の町といえば、有田。

 その有田のお隣の長崎県波佐見町。


 目的は、

 当然ながら、

 焼き物購入。


 有田で陶器市やっているが、

 こちらもやっている。



 連休は、

 節約する!!!

 なんて言ってた。


 が、

 来週の日曜が、

 母の日であること、

 思い出した。


 そんなわけで、

 おかんが好きそうな焼き物を探しに、

 出かけることに。



 会場である焼き物公園に着いた。

 公園内の小高い丘から会場を見渡す。

a0151229_2352950.jpg



 会場の様子を把握しつつ、町並みも眺める。

 うーん、のどかだぁ。


 会場には、

 人並みが、それなりに。

a0151229_042562.jpg


 そして、陶器がずらりとならぶ露店が軒を並べる。

 ついでに、食べ物屋さんも...。


 おかんへのプレゼントを

 探すぞ!



 それにしても、

 いろいろありすぎて目移りする。

 そして、

 楽しい^^。


 子供連れも多かった。

 父ちゃんと、暇をもてあそぶ子供たち。


 そういえば、

 俺も子供のころ、

 有田の陶器市に

 よく連行されていたが、

「連行された」

 という表現がまさにぴったりなくらい、

 面白くなかった。


 だとすると、

 やはり歳をとったのだろうか。


 まあ、

 それはそれでよいとして、

 伝統的なものはもちろん、

 個性的なものから

 持ちやすい急須みたいなアイディアあふれるモノまで、

 いろいろあった。


 知名度は、有田には足元にも及ばない。

 けれども、

 よりよいものを作り、世に送り出し、売ろうとする

 この町の人々の意気込みが伝わってきた。



 ところで、会場内では、

a0151229_23533462.jpg



 こんな楽しそうなこともやっていた。


 子供たち、

 おそるおそる、

 でも、

 真剣にやっていた。


 俺の子供のころも、

 こんなのあったらよかったのに。


 そう思いながら、

 会場を

 回って、

 回って、

 ようやくおかんへのプレゼント購入。

 気付いたら、

 おとんにも買っていた。

 ま、

 父の日も来月だし。


 そして、

 やはり、

 自分のも...。


 次回は、そのあたりを紹介しようかな、

 と思ってる。



 I'm alright and still alive.
[PR]
by f--kforever | 2010-05-03 00:15 | Life

G.W. of 2010

 ロゴ画像、

 変えた。


 太陽。


 去年のGWに撮った。


 今年のGWは、

 家でゆっくりしよう、

 そう思ってる。



 理由は、

 節約。


 楽しみは、

 夏にとっておこうと、

 とりあえず決めた。


 やはり、

 サマソニに行きたいから。



 まあ、まったく出かけない、

 なんてことはないだろう。


 でも、

 無駄な出費がないようにして、

 夏に備えよう。



 そうだな。

 好きなハンバーガーくらいは、

 食べに行くかな。

 ぶらぶら散歩しながら、

 音楽聴きながら、

 本でも読みながら。


 ゆっくりまったり5日間。


 のんびり三昧ってのも、

 贅沢かも。



 I'm alright and still alive.
[PR]
by f--kforever | 2010-04-26 23:04 | Life

柄にもなく

 管弦楽なんぞ聴いてる。


 バッハの

 "ブランデンブルグ協奏曲 第1番"


 ちなみに昼間は、

 ロックなCDばかり聴いてた。



 基本、ロックなものしか聴かない。

 だから、

 こういう、いわゆるクラシックな音楽は、

 さっぱりだ。


 ただ、

 気持ちいい、

 というか、

 すぅっと入ってくる、

 そんな感じ。



 ところで、

 なんでこんなの聴いてるのか?


 それは、

 今月になってからだが、

 クラシックな音楽も聴いてみようと

 勝手に決めたから。


 もう少しくわしく言うと、

 楽器の音色や重なり合って生まれる響き、楽曲の構成など、

 ロックな音楽では味わえないものがありそうだ、

 それはそれでおもしろそうだ、

 最近、そう思うようになったから。


 ロックなCDで欲しいのがたくさんある。

 だから、

 クラシックなのは、

 図書館で借りてる。


 この前は、

 ドビュッシーのCD借りた。

 で、

 今回は、バッハ。



 かようなわけで、

 この曲の何がすばらしいとか、

 この演奏の何がすごいとか、

 語ることは、

 まったくできない。


 ただ、

 なんだか、

 この曲は聴いてて、

 頭がやわらかくなるよう、

 ふわっとした感じになるなぁ。


 そして、

 ときどきは、

 こういうのもいいなぁ、

 そう思ってるところ。



 I'm alright and still alive with good music.
[PR]
by f--kforever | 2010-04-25 01:04 | Life

再び

 再び出会えるというのは、

 どんなもんだろう?


「再び出会う。」

 といえば、

 二つのことが頭に浮かぶ。



 まずは、

 以前の勤務場所の上司と、

 今の職場で、

 再び出会った。


 正直、

 先行き不安。


 病んだときの

 上司であること、


 そして、


 再び世話になっていても、

 相変わらずだということ。


 不安の種は、こんなところ。


 だが、

 相手に期待してもしょうがないから、

 俺が変わるようにしないといけない。


 不安に思うより、

 乗り越える術を考えよう。



 次に、再び出会ったもの。


 ジミヘン!!


 アルバム"Valleys Of Neptune"で、

 再び彼のギターに出会う。


 アツイよ。

 まだ、数回しか聴いていないけど、

 ジミヘン狂ってほどじゃないけど、

 やっぱかっこいいなぁって思う。


 "Red House"

 最高のブルースナンバー。


 表題曲"Valleys Of Neptune"

 軽く流していそうで、

 かっちり決めるところは決めてる。


 大好きな"Fire" "Stone Free"、

 これまで聴いたのとは別バージョンだが、

 興奮してしまうわ。



 再会ってのは、

 結局、

 いいのもありゃ、

 そうでもないのもある。


 ただ、

 少なくとも、

 前とは、

 まったく同じでないということ。


 新しい、

 ヤなこともあるだろうが、

 新しい、

 喜びや発見、ついでにいうと、

 進歩もあるかもしれん。


 まあ、頑張ろう、

 ジミヘンの

 ギターの音色に

 酔いしれながらね。



 I'm alright and still alive.
 
[PR]
by f--kforever | 2010-04-21 01:23 | Life

昨日の話

 薄雲が、

 今日の雨の予感を

 漂わせていた。


 けれども、

 昨日は、

 おだやかな天気だった。


 その証拠に、

 干した布団が気持ちよかった。



 さて、昨日、歌の練習は、

 いつもと違う場所、

 行ってやった。


 稲佐山。

 東京タワー(スカイツリーじゃなく)と同じ標高。

 ついでに、

 この山にも電波塔があり、

 長崎市を一望できる。


 昼の360度の眺望も、

 市内中心部の夜景も楽しめる観光地。


 駐車場が広いので、

 朝早くだと、他の車と離れ、

 楽々止められる。


 そんなわけで、

 駐車場のすみっこで、

 車の中で、

 絶叫してた。



 練習の後、

 外に出ると、


a0151229_2394946.jpg



 ツツジの花がきれい。


 近づいてみて、

 蝶の気分になってみる。


a0151229_23123733.jpg



 小躍りしたくなるような、

 そんな華やかな気分になる。


 そういえば、

 近所の生け垣には、フジの花が

 垂れ下がっていたりして、

 桜の花とはお別れしたけど、

 春真っ盛りなんだな、

 って思う。



 すっかり春めいた感じ。

 俺のハートや懐はともあれ、

 寂しさとか、煩わしさは、

 ひととき、

 確実に忘れられる。


 花盛りの季節、

 花のにおいや色に身を任せ、

 鼻歌交じりに、

 蝶のごとく、

 かるうく、かるうく、

 歩く勢いで、

 生きていけたらなって思った。



 I'm alright and still alive.
[PR]
by f--kforever | 2010-04-19 23:22 | Life

ありがとうございます

 気付いたら、

 1000アクセス超えてた。


 ありがとうございましたm(_ _)m



 かつてやってたブログを休んで久しい。

 昨年の12月から、

 なんか思ったこと書きたくなって、

 このブログをはじめた。


 ほんと、つまらんことばかり書いてる。

 それでも、

 読んでいただけること、

 嬉しく思う。


 これまでに読んでいただいた方々に、

 心から感謝。


 重ね重ね、ありがとうございましたm(_ _)m



 これから先、

 このブログ、

 ほそぼぞだが、

 続けていくつもり。


 なんの得にも、

 ネタにもならないこのブログだが、

 思いついたことを

 つらつらと書き続けるつもり。



 こんなブログを

 これまで読んでくださった方々、

 ときおり訪れてくださる皆さんへの

 感謝の気持ちを忘れず、

 今後も書いていこうと思う。



 I'm alright and still alive.
[PR]
by f--kforever | 2010-04-13 22:58 | Life

こちら

 長崎の桜は、

 すっかり葉桜になりつつある。


 そんなわけで、

 この包み紙を見たとき、


「今年の桜もきれいだったなぁ。」


 なんて、思い出した。


a0151229_21265324.jpg



 マクドのNEWテリタマ・バーガー。



 アメリカなシリーズが終わったら、

 日本編。


 ありがちな展開、

 けれども、

 ついついいただいてしまう。

 限定物に弱い、俺。


 で、さっそく開封。


a0151229_21285623.jpg



 今回のテリタマ、

 基本は、通常のテリタマ。


 ただ、

 バンズが違う。

 米粉が入って、

 もちもちらしい。


 いただきます(合掌)。


a0151229_2130274.jpg



 うん、

 確かに、もっちりした感が。

 こんなのばっかいただいてたら、

 顎が弱るんじゃねぇか?

 ってくらい、

 ソフトな噛み心地。


 まあ、そこが、

 このバーガーのおいしいところなんで、

 よし!



 ところで、

 テリヤキソースとマヨネーズ、

 なんで、こんなに合うんだろう?

 ほんと、うまい。



 明日からまた、忙しくなるけど、

 職場での息抜き会話のネタと、

 うまいもんいただいた満足感を

 ちゃっかりいただいた日曜日になった。


 明日からも頑張ろう。



 I'm alright and still alive.
[PR]
by f--kforever | 2010-04-11 21:36 | Life

平穏

 平穏ってのは、

 こんな日をいうんだ。


 今週、

 とにかく忙しかった。


 これまでの仕事に加え、

 新しい仕事も増えた。



 ようやく、

 今日はゆっくりできた。


 食材、買いに行けた。

 たまった洗濯もできた。

 音楽、聴けた。

 ベースの練習もできた。

 読書できた。
 

 こうしてブログも書けてる。


 いろいろできたな、

 自分のこと。



 ところで、

 月曜からはまた、

 忙しい。


 時間のやりくりを

 考えないと。


 先月までとは、

 勝手が違う。



 平穏なときを

 大事にしたい。


 平穏じゃないときも、

 大丈夫なように。



 I'm alright and still alive now.
[PR]
by f--kforever | 2010-04-10 23:46 | Life