ブログトップ

ALRIGHT

lifeishard.exblog.jp

カナダの若大将

 バンクーバーオリンピック、

 開幕した。


 開会式は、

 まあ、趣向をこらした演出で、

 それなりに楽しかった。


 当然のごとく、要所要所で、

 音楽が、効果的に使われていた。

 中でも、印象的だったのは、

 ブライアン・アダムス。



 個人的に、

 カナダの若大将と呼ばせていただいている。


 さすがに、

 白Tシャツに、ブルージーンズではなかった。


 それでも、

 いつまでたっても、

 若いよなぁ。


 若い頃から、ずっとそうだったので

 シワっぽい顔、しゃがれ声は、問題なく受け入れられる。

 むしろ、しゃがれ声は、いつ聴いても魅力的だ。


 そして、

 ベタ過ぎるくらいな、

 グッドメロディーなロックンロール。


 あの若々しさは、

 ほんと、すごい。



 カナダ出身の好きなアーティスト、

 RUSHとか、ジョニ・ミッチェルとか、

 いろいろいるけれども、

 ブライアン・アダムスも、

 長いこと聴いている。


 初めて聴いたのは、

 "Reckless"


 "Heaven"、

 学生時代のバンドでコピーしたこともある。

 この人のバラードも名曲が多い。

 バラードもそうだが、やはり、

 さわやかで、小気味よいロックンロールが、

 大好きだな。



 今夜は、カナダの若大将の

 若大将っぷりの感動した。


 久しぶりに、

 彼の音源を引っ張り出して聴いてみようかなぁ、

 そんな気になった

 バンクーバーオリンピック開会式。


 最後になったが、

 若大将のようなハツラツさで、

 日本選手団も頑張れるように、

 勝手に応援させていただきます。


 ガンバレニッポン!!!



 I'm alright and still alive with Rock'n'Roll
[PR]
by f--kforever | 2010-02-13 22:59 | Rock
<< モーグル決勝 落し物と拾い物 >>